未回収を防ぐ為には

売掛金回収に大切なことは、財務管理を整えることですが、その為には各取引先の元帳を作成しておきましょう。今では便利な会計ソフトがありますので、それを利用して、売掛金についての情報がすぐ見てわかるように管理します。

新しく取引を始める会社について、まず信用調査を行い、与信枠の設定を行いましょう。与信枠とは、取引限度額のことで、取引先の経営や信用度等を考慮して設定します。与信枠の取り決めができたら、相手にも合意を取り付けます。与信枠は最初だけではなく、定期的に行い、常に各取引先の状況を把握しておくことが大切です。

取引きとは、契約をしたら終わりではなく、きちんと代金を回収してはじめて売上になるということをしっかりと認識しておきましょう。請求書を送れば支払いは必ずされるという保証はどこにもありません。自社でできる未回収を防ぐ方法は全てしておきましょう。それでも未回収が出てしまった、あるいは悪質な取引先に遭遇してしまったら、すぐに弁護士に相談されると効率的に解決ができますので、信頼できる弁護士を探しておくことをお勧めします。法律のプロに任せることで、後々こじれたり関係性が悪化することなく、速やかな解決を望むことができます。

売掛金回収のポイント

売掛金回収のポイントとは、まずは売掛金の管理をきちんと行うことが大切です。どこの会社がいくらの売掛金があるか、すぐに見てわかるように管理体制を整えておきましょう。取引先に「あの会社なら支払いを待ってくれるから」と思われるような関係になってしまうと、支払いの優先順位が低くなり、取引先の経営が悪化した際に支払われない可能性が出てきます。日頃から売掛金回収は厳しくしっかりと行い、「管理がしっかりした会社」という印象を与える必要があります。それは売掛金額の大小に限らず、各取引先に期日がきたら請求をきちんと行う、支払いが遅れがちな取引先には期日前に知らせておく等して未回収を防ぐ努力が必要です。

それでも長きに渡って未回収のままの取引先に対しては、断固たる態度で回収しなければいけません。しかしながら、やはり相手先の状況も判断して対策を考えないと、無理に支払おうとしてもその能力がない場合には意味がありません。妥協策を探り、分割にする、延期する、いつまでに支払うという確約を取り付けて書面にする等の話し合いの場を設定することが大切です。そんな場合にも、弁護士から電話や面談をすることで、相手の出方が変わりますので、活用することをお勧めします。

売掛金の回収相談

売掛金とは、商品の売買やサービスの提供をして、その代金をその場で支払わず、一定期間後に請求をして支払ってもらう取引形態において、その代金のことを意味します。その代金を支払ってもらう権利を「債権」、権利を持つ人を「債権者」と言います。売掛金とは、つまり商品を購入したときの「ツケ」であり、未収金のことになります。未収金と聞くと良いイメージには聞こえませんが、実際には、ほとんどの業種でこの取引形態が用いられている為、売掛金の管理は多くの会社が行っている為、それだけトラブルも頻繁に起こっていることになります。

請求書を送り、期日になっても支払いがされない、払う払うと言っては逃げ、結局未回収のまま、電話にも出ないという場合には、回収に向けて働きかける必要が出てきます。その場合、当事者同士で話し合うよりも、第三者である弁護士に相談した方が、相手にも本気度が伝わりますのでスムーズに解決することがあります。また、こちらは最終的に法的手段も視野に入れているという圧力を相手にかけることにもなり、相手先が態度を変えて、支払いや話し合いに応じる可能性も高くなります。そういったメリットを考慮しても、弁護士に一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

困りごとは弁護士相談

弁護士と聞くと、ドラマや映画の世界ではよく登場しますが、自分には縁がないとお考えの方も多いかもしれません。しかしながら、実際には世界で起こる様々なトラブルにおいて大活躍しており、身近な問題でもいろいろ相談できる頼れる存在であることをご存知でしょうか。お金をかけたくない、自分で解決できるとお考えの方も、実際にトラブルに巻き込まれると、様々な法的な問題が頭を悩ませることを知ることになり、自身ではどうにもできないこともあります。そんな場合には、法律のスペシャリストである弁護士に依頼されることが、迅速かつスムーズに事態を改善する手段になりますのでご利用されると良いでしょう。

よくある弁護士へ相談する困りごととは、離婚問題(慰謝料、養育費、DV等)、交通事故(慰謝料、後遺症、保険等)、遺産相続(相続手続、遺言書、遺産分割、相続放棄等)、労働問題(不当解雇、未払い給与、パワハラ、残業代カット等)、借金問題(過払い、債務整理、自己破産等)、刑事事件(窃盗、恐喝等)等が挙げられます。

会社経営や商売をされている方に馴染みのある問題として、債権問題、つまり売掛金の回収問題があります。健全な経営を目指しても、取引先の中には支払いが滞る、支払ってくれない会社にあたってしまうこともあります。そんな場合には、やはり法律のプロである弁護士を立てておくことで、簡単に解決できることもありますので、活用されることをお勧めします。